未経験でもインターネット広告代理店へ中途入社できます。

転職ノウハウ

「未経験だけどインターネット広告代理店に中途入社できますか…?」

WEBマーケティングの需要が急増し、市場価値を上げるためインターネット広告代理店への転職を考えている人は多いのでは無いでしょうか。そんな方に先ずお伝えしたいのが、

今、WEBマーケティングを学ばないと取り返しがつかなくなります。

このサイトに訪れたということは、WEBマーケティングの重要性と将来性を理解し、自身のキャリアアップのためインターネット広告代理店に入社することが必要だと考えている方だと思います。その考えは間違いなく正しいです。(ちゃんと世の中の動きを捉えられています。)

インターネット広告代理店は今が一番”アツイ”です。逆に言うとこれからダウントレンドの傾向があります。本記事では、中途入社でインターネット広告代理店に入社した私が周りの同僚・自身の経験・業界の特性から紐解き未経験社も入社できるための転職ノウハウを解説します。

SETO
SETO

本記事を最後まで見れば、未経験者の方がインターネット広告代理店に入社するためのノウハウを全て理解することができることをお約束します。

未経験でもインターネット広告代理店に中途入社は可能

──未経験でもインターネット広告代理店への入社は可能です。

インターネット広告代理店は人材の入れ替わりが激しいことで有名です。その理由は、WEBマーケティングのスキルを会得するために入社する方が多く、ある程度のスキルが身に付いたら転職をしてしまうからです。

ネット広告の需要増加により、広告に対してあらゆる側面からの効果検証を代理店に求める企業が増えてきており、日々膨大な数値を検証し改善に向けた施策提案など行うことが代理店の仕事になります。

ネット専業広告代理店社員の労働環境は決してホワイトではないため、ある程度スキルが身についた社員は劣悪な環境からの脱却のため転職するというのがインターネット広告代理店の一般的な流れになるので離職率が高い傾向にあります。このような慢性的な人手不足によりインターネット広告代理店は未経験でも受け入れられやすい環境になります。

参照:年収ランキング (2021年度実績)

インターネット広告代理店に採用されやすい人

──インターネット広告代理店に採用されやすい人材は…?

インターネット広告代理店に勤める私が、採用担当の上司や本部長などに採用基準をヒアリングした結果、下記の3つの項目を特に重要視しているそうです。(会社によって異なる場合がございます。)

  • 第二新卒
  • 論理的思考力のある人
  • タフに働くことができる人

第二新卒

インターネット広告代理店は複雑なWEBに関する知識が必要となるのため若く吸収力の高い第二新卒は受け入れられやすいです。

しかし、第二新卒を歓迎しているほとんどの企業は、ほとんどが即戦力扱いです。同業や近い業界での勤務経験や、それに則したスキルを持っていると有利でしょう。

論理的思考力がある人

インターネット広告代理店おいて最も大切なスキルは「論理的思考」です。

簡単に言うと、数字を見てこの数字はどこの影響を受けているかを考える力です。

広告の効果検証はあらゆる数値を分析しその数値の持つ意味を市況や競合他社動向などと紐付けてアウトプットすることが必要です。数値というエビデンスを武器に交渉・提案などを行うことが求められるため必要なスキルになります。

タフに働くことができる

インターネット広告代理店にとってクライアントは「神様」です。

クライアントからの無茶なオーダーにも、可能な限り応じていくのが仕事になります。そうした厳しいオーダーに応えようとすると、社内の運用担当やクリエーティブ部門から文句を言われ、両者の板挟みに合う辛い立場に悩まされます。

ハードなスケジュールで日頃から身体を酷使しがちで、大きな疲労とストレスが溜まるため、何事にもポジティブな思考力とタフな精神力と体力が必要になっていきます。

未経験からインターネット広告代理店で採用されやすい部署

──未経験から入社できるのはアカウントプランナー(営業)職のみになります。

インターネット広告代理店の職種は大きく分けて下記の3つになります。

  • アカウントプランナー職(営業) ※未経験者におすすめ
  • 運用コンサルティング職
  • クリエーティブ職

営業職は様々な分野のスペシャリストと連携してプロジェクトを進行する仕事になるので、WEBマーケティング全体を俯瞰して学ぶことができます。インターネット広告代理店は営業職以外、それぞれに専門的なWEB知識を必要とするため入社することはできません。そのため、未経験者が入れる職種はほとんどの場合、営業職のみになります。

下記、それぞれの職種の業務内容の詳細になります。

アカウントプランナー(営業職)

クライアントと社内(運用コンサル・クリエーティブ担当)の橋渡し的な存在になります。

クライアントに対して「このようなメディアに広告を出すべきです。」、「これまでの成果はこのような数値でしたので、今後はこのような施策を行いましょう。」といった提案業務を行います。

また、クライアントへの提案が通った後は、その内容を広告運用担当者やクリエーティブ担当に伝え、プロモーション全体の管理を行います。

運用コンサルティング職

広告運用コンサルとは、クライアントの成果が最大化するように各媒体上に出稿する広告を管理する仕事です。

具体的には、下記の様な「Google、Yahoo!、LINE、Twitter、Tiktok、Facebook」など各媒体ごとに用意されている広告メニューを複合して活用し広告配信設定を行います。各管理画面にてターゲットごとに入札金額を設定して、どのような広告をいくらで配信していくのかという細かい調整が必要なので各媒体への深い知識が必要になります。

中途採用の場合、未経験からでは入ることが難しいポジションになります。

参照:運用ガイド集

クリエーティブ担当

クリテーティブ職は広告バナーや動画クリテーティブの制作・進行管理を行う仕事です。

TVCMの企画を考えたり、クオリティ管理を行う総合広告代理店のクリエーティブ職とは大きく異なり、ネット専業広告代理店は出稿する膨大な数のバナーの作成やLPの作成などを行います。(ごく稀にYoutubeなどで配信するパンパー広告なども作成します。)

ネット広告は常に効果検証を行い、高速でPDCAを回すことが求められます。そのためバナー等のクリエーティブ改善の依頼は非常に多いです。

IllustratorやPhotoshopなど制作ソフトの知識や制作進行管理などの経験がないと入ることが難しいポジションになります。

未経験からインターネット広告代理店に転職するためのポイント

──未経験者がインターネット広告代理店に入社するのはハードルが高い。

複雑なWEB広告に関する知識と高度な提案力がインターネット広告代理店は未経験者にとってハードルは高いです。しかし、どうしても転職したいと言う方に向けて事前に準備できる転職のノウハウをいくつかご紹介させて頂きます。

広告に関する書籍を読み、広告の存在意義や役割を理解する

ほとんどの方がWEB広告は今後伸びていく業界だからインターネット広告代理店に転職したいという理由で転職を考えていると思います。

しかし、なぜWEB広告が伸びていくのか。そもそもの広告の役割を知らない人が多いと思います。

この基本的な部分を抑えておかないと志望理由や入社してからやりたい事などを面接官に問われた時に認識の齟齬が生まれしまいます。下記では、「広告業界に勤める人・入社したい人」が絶対に読まなくてはいけない書籍をご紹介しております。

未経験者は特に事前に自分が希望する業界の仕事内容や役割を書籍を通じて理解しておくべきです。

インターネット広告代理店が今後直面する課題を理解する

代理店の人間は最新のニュースやトレンドに対し、常に高いアンテナを立てることが重要です。そんな情報感度の高い人間として面接官から見られるために必要なことがあります。

インターネット広告代理店が今後どのような課題に直面し、どんな事に力を入れていかなければいけないのかを知ることです。

下記で、インターネット広告代理店が直面する今後の課題をまとめておりますので是非参考にしてください。時代の流れを理解し、どこに付加価値を付けなければならないのかが理解できます。

雇用形態を気にしないなら契約社員も選択肢に入れる

WEBマーケティングスキルの経験を積むことを第一に考え、 雇用形態を問わないなら契約社員としての入社も選択肢の一つです。大手インターネット広告代理店への正社員採用は狭き門です。

サイバーエージェントは中途採用は全員契約社員での採用方式になります。

契約社員でも大手の場合は給与が高く、また正社員登用試験も受けることができますので、大手広告代理店で働いた経歴を武器にすれば、他の広告代理店での正社員採用に受かる可能性も十分考えられます。

転職エージェントを利用する

インターネット広告代理店に転職したいなら、転職エージェントを利用しましょう。

私自身も転職エージェントを登録し、”広告代理店の求人”に絞り血眼になり探しました。笑

転職エージェントは過去の傾向などを分析し面接時のアドバイスを行ってくれるので大変参考になります。ただ、転職をしたいからと行って色んな転職エージェントを登録するのはおすすめできません。

あくまでの自分で求人をリサーチし、気になる求人に関する情報をエージェントにアドバイスを求めるという進め方をお勧めします。

インターネット広告代理店に転職するなら!おすすめ転職エージェント

マイナビエージェント

参照:HP
おすすめ度:5.0

公開求人数:76,4941件(2022年7月時点)

第二新卒なら20代の転職エージェント満足度No1のマイナビエージェントがおすすめ

20代の転職であれば若手転職に強いエージェントを使用することをお勧めします。転職市場には沢山の転職エージェントがいますが、マイナビエージェントは業界ごとの専任制で、各業種の転職事情を熟知しております。多くの求人の中から、若手の20代の転職に寄りそう提案をしてくれるので◎。

JAC Recruitment

参照:HP
おすすめ度:5.0

公開求人数:25,000件(2022年7月時点)

管理職・技術/専門職での転職ならJAC Recruitmentがおすすめ

JAC Recruitmentは日本で30年以上、約25,000件もの求人案件数があり、あらゆる業界・職種の求人を扱っております。ハイクラス・ミドルクラスの転職に関しては、顧客満足度4年連続No.1に選ばれるなど評価が高い転職エージェントです。